Photo by GPS camera

GPS機能付きデジタルカメラで撮影したペットの写真をWEBに公開する時の注意点

ペットシッターを依頼されたお客様へ毎日の報告と共に、ペットの写真をメールで送るサービスをしていますが、その写真はお客様のご了承を頂いて弊社のホームページや、ブログ、facebook等にも掲載をさせて頂いております。

その時利用するカメラは携帯電話や、デジタルカメラなのですが、最近のカメラにはGPS機能が付いていて、その機能によってどこで写真が撮られたか写真から読み取り地図上に表示できるようになっています。

このGPS機能付きデジタルカメラはとても便利ですが、使い方によっては犯罪にも利用されてしまう可能性もあると思います。

そこで私が今使っているカメラやソフトについて少し調べてみました。

まず、デジタルカメラはSanyo/PanasonicのXactiムービーデジタルカメラです。

防水対応で気にいっているのですが、販売終了になってしました。

このカメラにはGPS機能は付いていません。

携帯電話は、昨年ようやくスマホデビューして、iphoneを使っています。

こちらには、GPS機能が搭載されているのですが、写真を撮る場合、設定→位置情報サービスをONにしないと、機能しません。

もちろん私はOFFにしております。

機能付きで撮影した写真にはExifというデータの中に撮影日時、メーカー名などの写真情報や、緯度、経度、標高のGPSデータ(対応機器のみ)が保存されているようです。

もしGPS機能付き携帯カメラで撮影した写真をネットで公開した場合、簡単に撮影場所も分かってしまいます。

MacのiphotoではGPS機能付きカメラで撮った写真の場合、位置情報もすぐ分かります。

Facebookでは、写真のアップ時にExifを自動で削除して公開しており、GPS機能付きの写真の場合、位置情報の横にある[位置情報を追加]をクリックすると、写真に追加され、表示されます。

またツイッターでは公式アプリや「Instagram」からの投稿ならExifは削除され、「Twitpic」では削除されないということです。

いずれにせよ、携帯電話で撮影する場合は、GPS機能は常にOFFにしておく事大切であると思いました。

これからもダズウェル ペットバディはお客様のペットの写真をWebに掲載する場合は細心の注意を払っていきたいと思います。

ご一読ありがとうございました♪

参照サイト:Neverまとめ