Cat pet peeves

今週は、先週の続きで『猫がムカッとする7つの事』です。

参照文献は、About.Com CatのThings That Upset your Cat  Franny Syufy著です。

過度に触られる事

体を触られる事に非常に敏感な猫もいます。猫の知覚過敏症はこの事としばしば関係があります。

初めは膝の上でなでなでされて気持ちいい時を過ごしていたのに、突然噛み付いたり、ひっかいたりして、膝の上から飛び降りる事がありますね。

そのような場合、アミー ショージャイさんは以下のようにアドバイスしています。

「猫は他の猫から頭や、首をなめられるのは受け入れますが、体全体になった場合は“受け入れられない”事と感じて、噛みつきます。

なので猫を撫でるときは頭や首の後ろまでとして下さい。それから猫がどこ迄だったら大丈夫かを確認してください。

言い換えれば、猫が攻撃的になる前に何秒間かかるか、数えてみて下さい。猫のボディシグナルを見て、噛み付かれる迄に止めるようにして下さい。

他の猫との争い

2匹の猫同士の喧嘩が日々の力関係の喧嘩である場合であれ、

飼い主が1匹だけに注意を払っている事に嫉妬した場合であれ、

または野良猫が猫の縄張りに入り込もうとしている時であれ、

猫の多くは他の猫との争いは好きではありません。

順位付け

アミー ショージャイさんはこのように言っています。「猫達がとても慣れている家では、No1キャットの地位は各部屋、毎に違う場合もあります。

それは、その部屋のNo1キャットが姿を表したら、それぞれの猫はその「所有者」に屈する為です。

言い換えれば、猫のタイムシェアのようなもので、例えば、「所有者」がどけろ!と言わない限り、全ての猫が自分の好きなベッドを使う事ができると言う訳です。」

大きな音や騒動

ホリデーシーズン、特に花火が関係する時は、しばしば猫にとって非常にストレスがたまる時です。

騒音がひどいパーティーは全ての猫にとって、また特に年をとった猫にとってもストレスになります。

雷も恐怖やストレスの原因になります。私は2匹猫を飼っていますが、ドアベルの音や、テレビの音が聞こえただけで怖がって、2階の寝室に逃げ込みます。

飼い主に無視されること

保護した猫、ジェニーは私がいない時や、私が2階で仕事をする時でさえも、自分は「拒絶された」と感じるようです。猫はとてもなついていますが、私がいないととても寂しがります。

信じない人もいますが、猫は単独行動する動物ではありません。猫は仲間が必要で仲間同士でいる事を楽しんでいます。

猫が飼い主と一緒に座っている時、飼い主の足をもみもみしたり、頭をなめたりする事がそれを証明しています。

以上、2回にわたって、『猫がイラっとする7つの事』を紹介しました。また来週♪

参照サイトはAbout.Comの Your Cat’s Pet Peevesでした。