猫が嘔吐する理由(その2)

前回は軽度な理由による猫の嘔吐の原因を紹介しましたが、今回はその続きです。About.Com Catより(リンダさんが自分の猫がどうして嘔吐するのか質問へのフラニーさん(ライター)の回答です。)

深刻な理由による嘔吐:中毒症状

突然の嘔吐は、中毒症状による場合があります。

猫の凍結防止剤の中毒ついて

車の凍結防止剤の中に入っている、エチレングリコールという液体(猫はその甘味に引きつけられます。)により、吐き気や嘔吐という症状をひき起こします。凍結防止剤を購入する際、このエチレングリコールが含まれているか確認して下さい。また、凍結防止剤やその他の有毒薬は安全に保管し、ガレージの床にこぼしたりしないようにして下さい。動物はガレージに入れない方がいいでしょう。

家庭にある有毒なものについて

一般の薬

洗剤

殺虫剤

庭用の雑草防除剤

病氣による嘔吐

猫の過敏性腸疾患

過敏性腸症候群とも呼ばれ、胃(胃炎)や小腸(腸炎)、大腸(大腸炎)など猫の腸管のいろいろな場所に発症します。投薬による治療や、フードアレルギーを抑制する為に、ダイエットキャットフードを与える事が奨励されています。また、生の食べ物もいいと言われていります。

膵炎

膵炎は内部分泌と消化器官の役割がある、膵臓の炎症によるものです。この膵炎の症状はいろいろありますが、その1つに嘔吐があります。

慢性腎不全

腎臓は一番早く不全になる臓器の1つになりますが、最終的にほどんどの高齢の猫はこの慢性腎不全を患います。この腎不全の症状の1つに嘔吐があります。

猫の糖尿病

糖尿病は内分泌系の病氣の1つです。膵炎と同じく、嘔吐が1つの共通の症状です。

甲状腺機能亢進症

食欲増加はあるが、体重の減少、嘔吐を頻繁にするという症状が内分泌腺、甲状腺の病氣の可能もありますが、この病氣の可能性の1つです。

脂肪肝疾患

嘔吐はこの病氣の一番の症状ではありませんが、たまに症状として現れます。この病氣は死に至る事もありますが、直ぐに診断し、治療するれば治る事ができます。

猫の毛玉について

もし、猫が毛玉を吐き出さないと、猫の腸管まで行き結果的にその1つに詰まってしまい、毛による行き止りが発生します。そして毛玉を手術によって取り除かないといけない場合があります。毎日、猫の毛をグルーミングする事によってそのような危険を排除する事ができます。

 

リンダさん、この手紙の中で沢山書きましたが、それはあなたを怖がらせる為ではなくて ボスコの嘔吐が重い病気の可能性もあることを理解してもらうためです。2週間はボスコにとって検査や治療を待つには長過ぎます。金銭的に問題があるのであれば、他のやり方で支払う方法があります。(ペット保険等)

免責事項:私は獣医ではありません。かかりつけの獣医さんに病氣の性質に関わらず、病氣の猫の処置や助言をまず初めに受けて下さい。この記事によってあなたに自分でリサーチし説明を受けた上での決定が出来るようになる為の出発点にしてください。

フラニー スフィ

参照文章:About.Com Cats より

URL: http://cats.about.com/od/healthfaqs/f/Why-Is-My-Cat-Vomiting-Frequently.htm