エキノコックス症を知っていますか?

「エキノコックス」という言葉は以前に聞いた事があり気になっていたのですが、どんな病氣で何が原因か詳しく知らないので、北海道でペットシッタービジネスを始めたのを機に調べてみる事にしました。

エキノコックス症とは何?

エキノコックスという寄生虫の卵がヒトの口から体内に入り、幼虫になって肝臓などにに寄生し、肝機能障害を起こす病気です。自覚症状が現れる迄、数年〜十数年かかると言われています。毎年5〜10名程度発症が確認されています。 

なぜ北海道で発生するの?

寄生虫には卵、幼虫、親虫の3段階があり、親虫の時にはキツネの体内に、幼虫の時は野ネズミの体内に寄生して生活します。卵は親虫から生み出され、キツネの糞とともに出て来ます。この好適宿主のキツネが北海道に多い事が原因の1つです。

ヒトへの感染経路は?

エキノコックスの卵に汚染された山菜や沢水などを直接口にしたり、卵が付着した手を介して感染します。

ペットには感染するの?

犬も猫もエキノコックスに感染した野ネズミを食べる事によりエキノコックスの成虫が寄生します。

感染したペットの症状は?

犬や猫がエキノコックスに感染した場合、まれに粘液状の柔らかい便を排泄したり、下痢をする程度で、目立った症状はあまり認められません。このため飼い主が感染に気づく事は極めて困難といえます。ペットの犬や猫の分からも卵が検出されているので、ヒトへの感染源になる可能性が指摘されています。

予防策は?

人間の場合は、キツネに餌を与えたり、触ったりしない事。野山の果実や山菜を口にするときは、流水でよく洗い、十分に加熱する事。沢水、わき水などの生水を飲まないようにする事。ペットの糞を片付けた際は手洗いをよくする事。ペットの場合は、放し飼いはしない事。犬の散歩の時に道路上等に落ちている物を食べさせないようにする事。

無料検診

札幌市では市民を対象に無料で検診(血液検査)を実施しています。詳細については、各区の保健センターまで。

参照資料

-札幌市エキノコックス症

-北海道庁エキノコックス症の知識と予防 

-北海道立衛生研究所 

-Petwell犬猫の病氣 

 

*写真は家の庭で撮影