猫アレルギーとは?

猫アレルギーの人は普通、猫の唾液にアレルギーがあるようです。まず、猫の唾液が乾燥してフケに変化し、人間や衣類、家具など猫が接触する物に広がっていきます。猫の唾液の中には毛、フケ、唾液から見つかる『Fel d 1』という抗体があります。猫が自分で体をなめると、毛に唾液が付き、それが乾燥してフケになり、猫が動くとそのフケが取れてしまう為です。猫アレルギーがある人43人中、37.5%が唾液にアレルギーがあります。アレルギーのある人において、猫アレルギーは犬アレルギーより25%多く発生します。

 

猫アレルギーの症状は、くしゃみ、充血、かゆみを伴う発疹、じんましん、腫れ、目の発赤などです。この症状は猫と一緒に寝ている時により起こります。だだし、直ぐに猫アレルギーだと判断せずに、猫アレルギーかどうが分かるアレルギーテストを受診するのをお勧めいたします。

 

猫ひっかき病とは猫が人を噛んだり、なめたり、ひっかいたりする時に猫の唾液中のバクテリアが人に移る伝染病です。猫はノミやダニからのバクテリアを持っているので、猫と遊んだり、噛まれたり、ひっかかれた後は必ず手を洗って下さい。

アレルギーの薬は軽度の症状のコントロールに役立ちます。免疫療法は、症状を隠さずに原因を治療してアレルギーに対して免疫力を徐々に高めていく方法で一番効果的です。

索引:Allergy to Cat Saliva | eHow.com http://www.ehow.com/facts_6020310_allergy-cat-saliva.html#ixzz28xJgYDXq