ホーム

ペットホテル 動物病院 ペットシッター

 Hotel?Sitter?

ペットの面倒を見てもらう時、あなたはどれを利用しますか?

ゴールデンウィークやお盆、お正月休み期間を利用しての帰省や旅行、仕事での出張やケガや病気の理由で飼っているペットの世話を自分で出来ない時、困った事があると思います。

一般的に、ペットを預かるサービスとしては次の3つがあります。

1.ペットホテル

2. 動物病院

3.ペットシッター

次に、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

1.ペットホテル

ゲージに入れて飼育することが一般的ですが、オプションサービスとしてより広い部屋を一匹に与える施設もあります。

また、多くのペットを同一ルーム内で飼育するフリースペース形態もあり、この場合はペット同士の相性やオス、メスによってエリアを分けています。

ペットがケージに入れられて人や他の動物の出入りの激しい場所に置かれてしまうペットホテル、

個別にケージにいれて時間毎にペットの状況を見に来てくれるペットホテルなど、ペットへの対応は様々です。

狭いゲージの中ではペットのストレスが高まる心配もあります。

散歩をさせてくれる施設、散歩はオプションの施設、ドッグランを併設の施設など、施設によって様々です。

利用料金は、ペットの大きさによって異なり、大きなペットほど高くなります。相場は1泊3,000円〜10,000円。

2.動物病院

動物病院の先生が面倒を見てくれてるため、万が一のケガや病気になってもすぐに手当が受けられるという安心感が高いです。

ただ、ペットの飼育は一般的にペット専用ゲージによって行なわれます。

狭いゲージの中ではペットのストレスが高まる心配もあります。

散歩をさせてくれる施設、散歩はオプションの施設など対応は様々です。

病院の営業時間に合わせてペットを預けたり、引取にいかないといけない場合が多いです。

利用料金は、ペットの大きさによって異なり、大きなペットほど高くなります。相場は1泊3,000円〜5,000円。

3.ペットシッター

欧米では主流となっているサービスです。

ペットシッターは、留守の顧客宅まで行き、散歩、ご飯を与える、一緒に遊ぶなどいつも飼い主が行なっている事を代わりに行ないます。

ペットは普段と変わらない環境で生活出来るため、ストレスは少ないです。

1日1回のお世話の他に、希望があれば1日2回、3回や、散歩のコース指定、エアコンの調整、観葉植物の水やりなどのサービスにも対応。

追加料金がかかるかどうかはペットシッター毎に違います。

ペットが第三者にどう対応するか確認するため、また、飼い主に留守中に自宅に入る事に対して信頼を得るため、多くのペットシッターは飼い主と事前の打合せをします。

利用料金は、ペットの大きさによって異なり、大きなペットほど高くなります。相場は3,000円〜5,000円/回+交通費。

最後に、いずれも施設によってサービスの内容が若干ことなりますし、ペットの性格や生活環境によって施設が合う、合わないなどの諸問題が生じるとおもいます。

個人的な意見ですが、ペットにとって最善の施設、そして安心してお世話を任せられる施設を見つける為に短期間のお試しを行なってみるのもいいのかもしれません。

ダズウェルペットバディは、札幌市内でしたらどこでも対応可能です。

また、初めてご利用を検討されている方、人見知りをするペットなどの場合、お申し込み前でも顔合わせなどやご説明の為の時間をもうけますので、お気軽にお問い合わせください。